オススメリンク
カレンダー
2014年8月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

メイクボックスの選び方

沢山のメイク道具

化粧品を上手に使いやすく収納するなら、メイクボックスが便利です。化粧品やメイク道具が迷子になることもありません。メイクは明るい自然な光の中で行った方が断然うまくいきます。
ドレッサーのある部屋でメイクしようとすると、時間帯によっては光が入りにくいこともあるからです。

薄暗い部屋でメイクをすると、どうしても濃くなりがちで自然光の中では浮いてしまうこともありますから、要注意です。この点、メイクボックスならどこへでも持ち歩けます。

プロ用なら使いやすい

メイクブラシとアイシャドー

メイクボックスもプロ仕様なら、さらに使いやすくなります。有名なメイクアップアーティストがプロデュースしたものなどがあれば、まずはそれを使用してみるのもおススメです。道具があらかじめセットされているものも多くありますから、道具から揃えたいという人なら、そちらを選んでみるとより使いやすくなる可能性が大きいです。道具が使いやすいとメイクが格段に上達します。
ますますメイクが楽しくなります。

一つに収まりきらないなら、テイスト毎にメイクボックスを揃えてみるのもいいです。

お店で気に行った商品が見つからない場合は
メイクボックスというのは、メイク用品の中でも大きな商品ですから、お店ではあまりたくさんの商品を置いていないケースがよくあります。
そのような時は、インターネットを使ってメイクボックスを探してみると良いでしょう。サイズなども細かく記載されていますし、使い方なども写真付きで掲載されていますので、お気に入りのメイクボックスがきっと見つかるはずです。

便利で持ち運びがしやすいメイクボックスを使って、毎日のメイクに役立ててみませんか。

化粧品の上手な収納方法

金色の口紅

女性であれば、美しくなりたいと思う気持ちが化粧品の量に反映します。基礎化粧品からメイク道具まで多種多様なものを揃えることで、より様々な化粧を施すことが可能です。
また、メイク方法も日々進化していることに加え、シーズンごとの流行もあります。

また、洋服やアクセサリーに合わせてメイクを変えるということもオシャレな人達の間では最近ではごく当たり前になってきています。そうやって増えた化粧品を上手に使いこなすには、収納が重要になってきます。

使いやすさも魅力の一つ

カラフルなメイクパレット

小さな子どものいる家庭では、メイク道具を出しっぱなしにすることは大変危険です。いたずらや、誤飲の原因となります。プロも使うメイクボックスは化粧品をまとめて収納でき、さらに鍵付きのものもあるため子どもが謝って使用する危険も激減します。

また、メイク道具をどのスペースに収納するかは自分次第ですし、ポーチと違い何がどこに入っているのか一目瞭然なので、メイク時間の短縮にも期待できます。そして、布製ではないため汚れた際にも簡単にふき取ることが出来、清潔に保てます。

抜群の機能性

メイク筆

プロ用のメイクボックスは、がっちりとした頑丈なフォルムをしています。その中にはたくさんの収納スペースがあるのです。たいていのものは3~4段あり、最下層にはヘアスプレーなど大型のコスメも収納できます。そのほか、いくつのも仕切りがあり、綿棒やコットンなどのなくしやすい小さなアイテムも収納可能です。

また、持ち手やショルダータイプもあるため、移動も簡単です。鏡が付属しているタイプもあるので、これ一つで家中どこでもドレッサーになります。

カテゴリー
アーカイブ